ボディーについたそのザラザラ一体なんなの?

      2016/10/08

下取り売却をできるだけ高く売る方法として、先日もお伝えしたかと思いますが、ヘッドライトを綺麗にして見た目の良さを上げる方法と、足元もきれいにすることによって 買取査定が上がるということですが、根本的にボディー全般も綺麗でないと意味がありません。

このページでは ボディーを誰でも簡単にプロ仕様で「綺麗」にする方法を紹介したいと思います。

その方法とは

ずばり

外装に付着した鉄粉を除去するということです。

鉄粉?

鉄粉っていう言葉 意外と初めて聞いたよという人も多いので 少し紹介したいと思います。
実は鉄粉という言葉  意外に知らない人も多いので説明すると

車に乗っている多くの人が知らない言葉で  ボディーに付着した鉄粉を意味しています。
皆さんこのような経験はありませんか??

ボディーを触ったときに表面がざらざらするという経験??

実はボディーを触ったときに 手に突き刺さるあれが 鉄粉と呼ばれるもので、 この鉄粉が表面に付着していると、ボディー表面の反射が乱れ、乱反射となり、輝きが少なくなってしまうのです。
磨き上げられた表面の場合 乱反射が少なく、鏡面という感じで くっきりと周りの景色が映りますが、乱反射が多いと、くすんだように光が乱れてしまうので、光沢が失われてしまいます。

ですので 素人でも簡単に 乱反射を防いで 光沢を出す 方法ををいくつか紹介していきたいと思います。

ボディーに付着した鉄粉は「そう簡単には落とせない」

先ほどから鉄粉 鉄粉と言っていますが、鉄粉とは一体何なんでしょうか?

鉄粉とはブレーキダストや飛び石、昆虫、 タール、スラッジ などを意味していますが、道路を走っていると、必ずどの車の外装に付着してしまいます。

単純にボディーに付着したものもあれば、塗装面に突き刺さっているようなものまであり、その種類は様々ですが、これらの塗装に付いた汚れのことを 鉄粉と呼んでいます。

 

この鉄粉をとり除くには 普通に洗車するだけでは汚れは取れません。

専用のクリーナーなどを使う必要があるわけですが、誰にでも簡単にできるのが、カー用品店で販売されている トラップネンドと呼ばれるアイテムになります。

 

c04-a-01

トラップネンドは普通に市販されているアイテムですが この使い方を紹介してみようと思います。

 

トラップネンドの使い方

トラップネンドはカー用品店や アマゾンなどの通信販売でも誰でも簡単に購入できるカーアイテムグッツになります。

ここで注意してほしいことがありますが、  実際 このトラップネンドはネンドみたいに手でぐにゅ~って触るといろいろな形になりますが、実際にはネンドの形をした うす~い(200番とか3000番の)紙やすりみたいなものと思っていただいたほうがいいかもしれません。

 

ただ 紙やすりのように外装の表面を傷つけることはありませんが、表面の汚れを根こそぎ落としてくれますので、紙やすりに近い ネンドと思っていただいてもいいかも知れませんね。

使い方はいたって簡単。

ボディーの表面を水で流しながらネンドでこするだけ。

 

たったこれだけでボディーに付着した鉄粉をネンドが綺麗に取り除いてくれます。

乱反射のもととなる、外装の付着物を取り除くことによって、これまでの光沢とはまるっきり別物になっているはずですので、トラップネンドを利用する前と、利用した後では光沢の違いに驚かされれるはずです。

粘土を利用するだけでかなり外装の表面は整えられ綺麗に感じると思いますが、外装を綺麗にした後に再度 ワックスや コンパウンドで磨き上げるとものすごく綺麗な車になります。

ですので愛車を高く売りたいときには、ちょっとしたことをするだけでも、値段は跳ね上がってしまいます。

車がピカピカの状態とぼろぼろで薄汚い状態だとどちらの車を購入しますか??

勿論 ピカピカできれいなほうを選びますよね??

 

つまり売却をする場合でも、車がきれいな状態を維持している車のほうが、買取金額も高くなるという事を覚えておいても損はないと思います。

車をキレイして売却するという事は、高く売却することもできますし、何よりも、今までお世話になった車に行える最大の敬意かもしれませんね!!

 - 整備点検・修理, 高く売るコツ